Page Top

米料亭 八代目儀兵衛

新着情報

新着情報トップへ戻る

銀座米料亭:文月の米ざんまいコースのご紹介

銀座米料亭、文月の米ざんまいコース料理長厳選・祇園・八坂 それぞれから数品ご紹介させていただきます。

【粥:料理長厳選・祇園・八坂】
7月は土用の丑の日がありますので、鰻のお粥をご用意しました。
お粥の中にはヒエなどの雑穀が入っており、
実はこういった雑穀がお米文化の始まりでございまして、
それに掛けてコースの始まりとさせていただいております。

【米菜:料理長厳選・祇園】
左手のグラス盛りになっておりますのが、旬のとうもろこしとトマトを冷製仕立てでご用意しております。
そのお隣、黒い器は米ぬか仕込みのへしこといいまして、
サバを塩漬けにして糠漬けにしたものを使ったソースをご準備しております。
季節のお野菜はへしこソースにつけてお召し上がり下さい。

【鮨:料理長厳選・祇園・八坂】
7月7日にあります「七夕」をテーマにお作りしております今月のお鮨でございます。
お鮨が三貫、一番手前が織姫をイメージした炙り烏賊の握り、
一番奥手が彦星をイメージした鱧の小袖鮨、中央にありますのがミル貝の握りでございます。

【米八寸:料理長厳選・祇園・八坂】
今月のテーマは7月1日~7月31日まで一ヶ月に渡って行われます「祇園祭」です。
グラス盛りになっておりますのがお米の麺J麺を使った、旬の焼き鮎賀茂茄子の冷やし仕立です。
(J麺とは少しでも日本の食料自給率を上げようと「フードアクションニッポン」という団体が作っている麺です。)
当店の餅米を使った旬の祇園鱧を使った飯蒸し、赤色の高台は毛蟹の丼をご用意しました。

【文月のお供:料理長厳選・祇園】
お造:時知らずの炭火炙り、トロタク
焼魚:鰻八幡巻き
肉料理:炙り雲丹の肉巻き
あしらい:烏賊下足腸生姜醤油和え

全てご飯に合うように、味をつけてございます。色んな味でご飯を楽しんでください。

【贅沢主菜:料理長厳選】

夏の風物詩「鮎」シンプルに塩で炭火焼きにし、唐墨が新鮮な鮎の美味しさを引き立てます。
五色胡麻で彩りを、大葉で香りを添え、この時期ならではの贅沢ご飯に仕上がっております。


 

新着情報トップへ戻る

米料亭 八代目儀兵衛

各米料亭のご案内
京都祇園 京の米料亭
東京銀座 銀座米料亭
ご予約を承ります
京都 075-708-8173
東京 03-6280-6383

Top

このページのトップへ戻る