Page Top

米料亭 八代目儀兵衛

米料亭とは

一人でも多くの方に口の中で広がる甘いお米を体験してほしい

目利きしたお米炊飯技術土鍋釜のすべてが完成したことで究極の銀シ食べられる場所をつくりました

お米文化の情報発信地として多くの人にお米を五感で感じて食べてもらいお米の良さが伝わるメニ考案しています

世界中の人日本のお米の良さを理解してもらい食べて満足してもらい八代目儀兵衛の米料亭を通じてお米の価値観変えていきます

お米が甘いを感じる最高のお米を提供します

お米を厳選保管方法やお米の炊き方までを徹底しご飯として食べて美味しいものにこだわています

有名な産地や品種にこだわらずその時で自らブレンドと食味を繰り返すことで常に最高のお米を提供できるように心がけておりその味は老舗料亭からもお墨付きをいただいています

世界に誇れる米文化を伝えます

甘いお米を食べたことがない子供たちに美味しいと言てもらえるご飯を食べてもらいたい

農家さんたちが丹精込めて作たお米を最高の形で届けたい

常に最高の銀シリ体験をお届けするためにお米の素晴らしさを世の中に知ていただくために米料亭は日本のそして世界の米どころを目指し取り組んでいます

お米本来の甘さを存分に引き出すための「究極の釜」Bamboo!!

最高の状態に炊き上がるオリジナルの炊飯釜を開発しました。

美味しいご飯を炊くために土鍋を徹底的に研究し、土からセラミックまでを研究したところで気が付いたのは、
「お米は遠赤外線効果が強いほど、ふっくらとした美味しいご飯になること」でした。

弟と共に、様々な土鍋釜を買い揃え、ご飯を炊いてみましたが、自分たちの納得のいく釜は、なかなか見つかりません。

「世の中になければ、自分たちでつくろう」そう決心し、我々の想いを形にしてくれる佐賀有田のとある窯元に辿り着いたのです。

そして、窯元さんと3年半の歳月をかけて、釜の形状から厚さや土鍋釜の成分などを細かく調整し、究極の土鍋炊飯釜、「Bamboo!!(バンブー)」が誕生しました。

弟の炊飯技術と、この究極の土鍋炊飯釜があれば、食べてもらう人が必ず笑顔になるご飯を提供することができる。想いはひとつずつ形になっていきました。

米料亭 八代目儀兵衛

各米料亭のご案内
京都祇園 京の米料亭
東京銀座 銀座米料亭
ご予約を承ります
京都 075-708-8173
東京 03-6280-6383

Top

このページのトップへ戻る