Page Top

米料亭 八代目儀兵衛

新着情報

新着情報トップへ戻る

銀座米料亭: 皐月の米ざんまいコースのご紹介

銀座米料亭、皐月の米ざんまいコース料理長厳選・祇園・八坂
それぞれから数品ご紹介させていただきます。

【粥:料理長厳選・祇園・八坂】
今月は今が旬の"うすい豆"を使った深緑のお粥です。

お粥の中にはヒエなどの雑穀が入っており、
実はこういった雑穀がお米文化の始まりでございまして、
それに掛けてコースの始まりとさせていただいております。

【米菜:料理長厳選・祇園】
ココットにありますのが
"二色のアスパラとウニの冷製仕立て"です。
黒い器のソースは、米ぬか仕込みのへしこといいまして、
サバを塩漬けにして糠漬けにしたものを使ったソースです。
季節のお野菜に付けてバーニャカウダーのようにお召し上がり下さい。

【鮨:料理長厳選・祇園・八坂】
今月は京都三大祭りの「葵祭」(5月15日今年は中止)と
新緑をテーマにお作りしております。
5月の京都は葵祭で賑わいます。
この日は鯖鮨と粽(ちまき)を食べる風習があることから、
"鯖の棒鮨""鯛と赤紫蘇の粽"をご用意しました。
また、"蛤の握り"と、"炙り烏賊の小鉢"をご用意しております。
お口直しには"新生姜のガリ"を添えております。どうぞお楽しみ下さい。


【米八寸:料理長厳選・祇園・八坂】
今月のテーマは、「5/5の端午の節句」です。
それにちなんで、蓬と菖蒲を添えてございます。
菖蒲は剣(つるぎ)、蓬は薬、男の子には剣の様に強く、
薬の様に優しく育ってほしい…という願いを込めて置いてございます。

兜の器の中は当店の餅米を使いまして"山菜と浅利の飯蒸し"をご用意しております。
今月の椀物は、"新生姜とJ麺の小吸い物"です。
(※J麺とは少しでも日本の食料自給率を上げようと「フードアクションニッポン」という団体が作っている米粉の麺です。)
その隣の赤色高台は旬を迎えております"初鰹の藁焼き丼"でございます。

稲穂の白く咲いている部分は、
昔のポン菓子のように食べられますのでどうぞお召あがりください。

【皐月のお供:料理長厳選・祇園】
お造り:"炙りイサキの花山葵巻き"、"大トロの木の芽和え"
焼き魚:"カマスとシラスおろし焼き"
肉料理:"和牛と蕨(わらび)の照り焼き"
あしらい:"稚鮎の南蛮漬け"

全てご飯に合うように、味をつけてございます。
色んな味でご飯を楽しんでください。

【贅沢主菜:料理長厳選】
今月の食材は、"大アサリと筍"です。

石焼きにした肉厚な大アサリと、筍の天麩羅を炊き立てのご飯の上へ。
最後に特製のタレに漬けた卵黄を添えます。
アサリの旨味、筍の食感、卵の濃厚なとろみが楽しめます。
ぜひ、卵黄をくずしてお召し上がり下さい。

そして、〆にも大アサリの出汁を使ったおこげのお茶漬けをご用意しております。

この時期、八代目儀兵衛でしか食べることができない一品をぜひ、お楽しみください。

新着情報トップへ戻る

米料亭 八代目儀兵衛

各米料亭のご案内
京都祇園 京の米料亭
東京銀座 銀座米料亭
ご予約を承ります
京都 075-708-8173
東京 03-6280-6383

Top

このページのトップへ戻る